読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖尿病めしろぐ

糖尿病と高血圧を改善すべく毎日の食事を記録していきます

糖尿病と糖尿病性腎症の食事の比較

f:id:not1042:20160403172501j:plain

26. 食事療法のコツ(3) 腎症のある人の食事 |糖尿病ネットワーク

http://www.dm-net.co.jp/seminar/26_3/
 一番の相違点は、たんぱく質の摂取を制限することです。たんぱく質は、炭水化物や脂質と並び、必要不可欠な栄養素ですが、なぜその摂取が制限されるのでしょうか?
 体内の余分なたんぱく質は、尿素などの老廃物となり、腎臓でろ過されて尿中に排泄されます。腎臓の機能が低下している人がたんぱく質を摂り過ぎると、老廃物を排泄するための腎臓の負担が大きくなり、そのことが腎症の進行を早めてしまうのです。
 腎症の治療は、たんぱく質の摂取制限などにより、腎臓の負担を軽くして、残っている腎機能をできるだけ長く保ち、腎不全への進行を防ぐことが目的です。
尿蛋白(たんぱく)の値が高いと腎臓に大きな負担がかかっていると判断します。
 
透析食だより|旅行透析・夜間透析 桜橋医誠会クリニック
http://www.sakurabashi.jp/tayori/201105.html
カリウムの多い食べ物としては
以下のものがあります
目標 1日2000mg程度に制限しましょう
芋 とうもろこし 栗  乳製品 生果物 生野菜 野菜ジュース 海藻類
野菜は一度煮てから炒めたりすることでカリウムを減らせます。

 

糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版