糖尿病めしろぐ

時すでにお寿司…糖尿病と高血圧を改善すべく毎日の食事を記録していきます

健康診断で尿蛋白と血清クレアチニンで腎臓病をチェック

style.nikkei.com

慢性腎臓病ではおおざっぱに言って2つのことが起こっています。それは、「腎臓の傷害(血液のフィルターの役割を果たす糸球体が傷ついている)」と「働きの低下(糸球体のろ過量が低下している)」です。

 このうち、糸球体が傷ついているかどうかが分かるのが、尿検査の「尿たんぱく」の項目。これが陽性(+)になるということは、糸球体が傷ついた結果、尿の中に本来漏れ出してはいけないたんぱくが漏れ出していることを意味します。

 尿たんぱくは陽性の度合いが大きいほど、腎臓の傷害の程度が大きいことが疑われ、その後の17 年間に透析導入となる割合は、(3+)以上の人で16%、(2+)の人で約7%という報告もあります。それと同時に、心筋梗塞脳卒中を発症するリスクも高まります。尿たんぱく陽性の状態が3カ月間続けば、慢性腎臓病と診断されます。

 一方、腎臓の働きの低下は、血液検査の血清クレアチニンの値が上昇することで分かります。

 「クレアチニンは、筋肉でつくられる体内老廃物の1つです。腎臓でのろ過量が低下すると、血液中のクレアチニン濃度が上がってきます」(木村さん)

 慢性腎臓病の診断では、この血清クレアチニンの値を特定の計算式に当てはめ、「推算糸球体ろ過量(eGFR)」という値を求めます。腎機能が正常の場合、eGFRは100(mL/分/1.73m2)になります。eGFRが60(mL/分/1.73m2)未満の場合、腎機能が正常の60%未満に落ちていることを意味します。その状態が3カ月以上続けば、やはり慢性腎臓病と診断されます。

尿蛋白が+1~+2で、eGFRが80~100の範囲なので、慢性腎臓病の疑いがあるかもしれせんね。

 

f:id:not1042:20180216172243p:plain

business.nikkeibp.co.jp

陽性が2回以上の場合は病的たんぱく尿が疑われるとのこと。

 

貼るだけで大丈夫?インスリン注射が必要なくなるかもしれません

血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発:朝日

www.asahi.com

フェニルボロン酸を高分子のゲルの中にインスリンを入れておけば、血糖値が高い時にはインスリンを放出し、血糖値が低くなれば膜のような構造に覆われてインスリンの放出が止まる。

実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになり、5年後にヒトでの臨床研究を目指すという。

 

実用化されてら毎日インスリン注射を打っている罹患者の負担が大きく減りますね。期待したいです。

糖尿病になると認知症になるリスクが1.5倍に跳ね上がる

f:id:not1042:20171209072147j:plain

style.nikkei.com

認知症のリスク低減において重要と見なしたのは、「11~12歳までに教育が終了」「高血圧」「肥満」「聴力低下」「喫煙」「抑うつ」「運動不足」「社会的孤立」「糖尿病」の9つの危険因子

糖尿病になると認知症のリスクがたしか1.5倍に跳ね上がるとのことなので、物忘れが酷くなったりしたらかかりつけ医に相談しましょう。

2017年1月31日のメシログ

f:id:not1042:20171125193921j:plain

◆朝食

f:id:not1042:20171125193850j:plain

◆昼食

f:id:not1042:20171125193909j:plain

◆夕食

※血糖値
朝食前:90mg/dl

2017年1月30日のメシログ

◆朝食

f:id:not1042:20171125193756j:plain

◆昼食

f:id:not1042:20171125193809j:plain

◆夕食

※血糖値
朝食前:104mg/dl

2017年1月29日のメシログ

◆朝食

f:id:not1042:20171125193629j:plain

◆昼食

f:id:not1042:20171125193643j:plain

◆夕食

※血糖値
朝食前:85mg/dl

2017年1月28日のメシログ

f:id:not1042:20171125193509j:plain

◆朝食

f:id:not1042:20171125193521j:plain

◆昼食

f:id:not1042:20171125193536j:plain

◆夕食

※血糖値
朝食前:82mg/dl