糖尿病めしろぐ

時すでにお寿司…糖尿病と高血圧を改善すべく毎日の食事を記録していきます

冬場になり気温が下がることで血圧が上がってきたら降圧薬の検討も必要

style.nikkei.com

f:id:not1042:20171123054055j:plain

f:id:not1042:20171123054055j:plain

診察室血圧の上が140以上、下が90以上の場合は高血圧と診断される。その理由について苅尾教授は、「血圧がこれ以上の場合、降圧剤の服用などの治療を受けると、心血管イベントなどによって亡くなる可能性が低下することが膨大な臨床研究によって明らかになっているからだ」と説明する。

体重が少し増えてきたこともあるのですが、冬になり寒くなってきたので平均して下は90以上、上は140以上と少し気になっています。体重1kgあたり2mmHgらしいので少し減量した方がいいかもしれません。

体重1kg減らせば血圧を2mmHg下げられる

f:id:not1042:20171114042449j:plain

 

ということらしい。最近5kgほど増えたので、血圧が平均して10mmHg上がったというのは当たっているかも。

運動するならスロージョギング

f:id:not1042:20171107112603j:plain

f:id:not1042:20171107112609j:plain

 

style.nikkei.com

付いた脂肪がエネルギー源になるためには、細胞内のエネルギー生産工場であるミトコンドリアで酸素と同時に脂肪が消費されることが必要。運動の強度を上げると呼吸が苦しくなり、糖を優先的に消費。むしろ、脂肪は消費されなくなってしまうのだ。

「乳酸がたまらないギリギリのペースで走れば、糖は必要以上には消費されない。乳酸がたまらない程度の状態(乳酸閾値)で運動すると、ミトコンドリアを増加させるタンパクの遺伝子が発現することもわかっている

 週1回60を時速12kmぐらいで走るといいそうです。

運動するならスロージョギング

f:id:not1042:20171107112603j:plain

f:id:not1042:20171107112609j:plain

 

style.nikkei.com

付いた脂肪がエネルギー源になるためには、細胞内のエネルギー生産工場であるミトコンドリアで酸素と同時に脂肪が消費されることが必要。運動の強度を上げると呼吸が苦しくなり、糖を優先的に消費。むしろ、脂肪は消費されなくなってしまうのだ。

「乳酸がたまらないギリギリのペースで走れば、糖は必要以上には消費されない。乳酸がたまらない程度の状態(乳酸閾値)で運動すると、ミトコンドリアを増加させるタンパクの遺伝子が発現することもわかっている

 週1回60を時速12kmぐらいで走るといいそうです。

2型糖尿病患者向けアプリ「ブルースター」

f:id:not1042:20171103012904p:plain

糖尿病患者向け「処方アプリ」の先駆者、WellDoc社の「BlueStar」:医療:日経デジタルヘルス

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/374506/030800003/?ST=health

 

海外のヘルスケアアプリ事情(前編) 【Welbyメディア】

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/374506/030800003/?ST=health

 

治療アプリ、米は実用化 医療費抑制に期待も:日経

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/374506/030800003/?ST=health

 

ブルースター」では利用者の血糖の状態を示す値を1.9%下げる効果があったとのことです。規則正しく生活していれば血糖値コントロールはできますからね。

人工膵臓の実用化に期待

f:id:not1042:20171101173310g:plainwww.nikkei.com

腎臓の機能をある程度補うことで、通常週3回の人工透析が週1回程度で済み、年1回の日帰り手術で装置を交換するといった利用法を想定する。三木教授は「透析回数が減れば患者の負担が軽くなり、医療費削減にもつながる」と話す。

ブドウ糖の濃度が高いときだけ反応して分子構造が変化する特殊なゲルを開発。この中にインスリンを入れておき、血糖値が高くなったら放出させる仕組みだ。

正常な血糖値ではゲルは縮んでおり、インスリンも中に包まれている。血糖値が上がるとゲルが膨らみ、インスリンを放出する。血糖値が下がればゲルは再び縮み、インスリンの放出も止まる。

 実用化では、刺さっても痛くない微細な針が多数並んだシートを皮膚に貼り、皮膚に刺さった針から血糖値を下げるインスリンを体内に送る方式を採用する方針だ。インスリンを内包したゲルを入れておき、針からインスリンを放出する。3日に1回程度の頻度でシートを貼り替える。
via:http://adhocrat.net/adhocblog/2017/10/post-2204.html

 20年をめどに効果や安全性を確かめ、臨床試験(治験)開始を目指す。

f:id:not1042:20171101173341j:plain

www.asahi.com

f:id:not1042:20171101174609g:plain

f:id:not1042:20171101174621g:plain

Miki Lab. | 慶應大学

人工透析は1回4時間を週3回おこわないといけないため、人工膵臓が実用化されれば、患者の負担減だけでなく、月40万円かかる医療費の抑制にも繋がります。

2017年1月16日のメシログ

f:id:not1042:20171022134941j:plain

◆朝食

f:id:not1042:20171022135004j:plain

◆昼食
◆夕食

※血糖値
朝食前:80mg/dl